この世界では、
”言葉”が魔力を持っていた。

運営よりお知らせです。 有難いことにご盛況につき手が追いつかない状態にあります! キャラシは記載を土曜から月曜のうちに一括して行います。 キャラシを投稿した参加者様は暫くお待ち頂きますよう、よろしくお願いいたします。修正点は運営からキャラクター設定に返信させていただきます。リアルタイムで設定の擦り合わせをするのが難しくなってきてしまった為、修正点返信や設定の擦り合わせは運営の手が空いた時にさせて頂きたいです。お待たせする場合もございますが何卒ご了承ください。また設定再提出の無いようサイトの読み込みをして頂けますとスムーズかと思います。また訂正した設定は、運営の返信に再度返信する形で投稿してください。
校正前を削除する必要はありません。サイトにない設定も多くある為、訂正をお願いしたからと言って『間違い』ではありませんので、世界観を固める為にも残して下されば幸いですが、消したい場合はご相談ください。

ここまで大変お疲れ様でした!
最後に、こちらに目を通して頂き、テンプレートを必ず遵守した上、2,000文字以内で投稿をお願いします。
キャラクター作成解説魔術欄の記入の仕方
初見さんは必読でお願いします。

魔術師/人間

「サンプルメッセージ」★必須 
【字】☆魔術師のみ
【真名】★必須 
【年齢/性別】★必須 
【出身国】★必須
【生業】★必須
 【性格】★必須 
【夢・目的】★具体的なものがあると日常の成りがしやすいです。 
【生い立ち】☆簡単でもOK 
【容姿】☆簡単でもOK 
【地雷】☆これをされたら怒るというようなもの。ロールが行き詰った際の助けになります。
【信仰】☆魔術師のみ 
【魔術】☆魔術師のみ
【武器】 無くてもOK
【特技】 
【備考】
キャラクター画像を掲載したい場合、600*600サイズでお願いします。

アイコン設定
投稿者さん使い方

ご投稿ありがとうございますと表示されるまで投稿は完了していません。
大和守さん(7jk176am)2020/7/4 03:59 投稿削除
「余は鬼若という者よ。……宜しく頼もうとも思わんが。何がともあれ、余に触れるでないぞ、下郎共よ」
「くははッ──! 鬼? 蛇? 嗚呼、余の前ではそれら全てが賛美の言葉よ! それでは貴様らは何だ? 鬼に貪り喰われる無力なヒトか? それとも蛇に睨まれた蛙か? くはッ、嗚呼、貴様ら──今すぐ喰ぅてやろうか?」
「──全く哀れじゃのう。あの素晴らしき御方へ、愚かにも余の前で侮辱を為すか。全く以て、哀れじゃなァ? さぁ、許しを希い慟哭せよ──嗚呼、余が貴様に慈悲を向けると思うなよ。余が貴様を赦すと思うなよ。精々、枯れ散れ」
「貴方様へ永久の忠誠を誓いましょう。貴方様へ害を為すもの全てを切り裂きましょう。貴方様の全てを、私は誇りに思うています。古今東西どの華にも劣らぬ、堂々と咲き誇る、この世で最も美しい華。それが貴方様という存在で御座りますれば」
【字】鬼若(おにわか)
【真名】筑紫(つくし)
【年齢/性別】28/男
【出身国】尊華帝國
【生業】大佐
【性格】口を開けば毒の数々が姿を見せるだろう。この世の全てのものを下に見ており、軽蔑している。失望しているのだ。名前の通り『鬼』なのではないか。見た目の通り『蛇』なのではないかと囁かれているが、実際はそうではない為悪しからず。そんな彼だが、元帥の事となれば彼は具合が悪くなったのかと問いたくなる程に豹変する。彼は何よりも元帥に憧れ、そして元帥を崇め讃えている。この世の全ては彼女の元にあるのだと、彼は今日も高らかに謳うのだ。
【夢・目的】元帥の望みを叶える事。そして尊華の完全勝利。
【生い立ち】彼は然して裕福ではない家庭──親など、生まれた時から彼には存在していない。彼は捨てられたのだ。路地で食べ物を漁り何とか生きていたのだが、五歳の頃、彼はある女性に拾われた。彼女は吟遊詩人らしい。彼女は旅をしていたが、やがて孤独が辛くなったらしく、良ければ貴方も共に来ないかと誘われた。その女性からオカリナを貰い、彼は女性の手伝いを始める。字を付けたのも、真名を付けて貰ったのもその時だ。
しかし女性は長年旅をしていた事が原因か、鬼若が十二の頃に亡くなった。特技となっていたオカリナ。それで生計を繋いでいたのだ。やがて十四の頃、『花の旋律』と呼ばれるようになったのは昔の話。きっと一部の者しかきっと知らないだろう。戦争で殆ど亡くなってしまっているだろうから。
そして十九の時、再び災いが。
『花の旋律』。それが仇となった。恐らく嫉妬か、ある少女とに顔を焼かれたのだ。生憎左側だけが焼かれたが……世界に救いなど無いのだろうと鬼若は悟ってしまった。
もう生きていたくないと『毒』を呑んだが……しかし死ねなかった。死ぬにまでは至らない程度の量を呑んだらしくギリギリ生きている。しかし身疎らに蔓延る火傷の跡はその代償。
絶望していたそんな時、ある日この国の元帥という存在を一目見た。
『──嗚呼、何と素晴らしく咲き誇る華なのだろうか』
所謂、一目惚れという奴なのだろう。一目見ただけで心が踊った。きっと、この身体は貴方の為に生まれてきたのだ。
貴方の為ならばどんなモノでも踏みつけましょう。命を散らしましょう。──美しい、華の為なのだ。
【容姿】前髪で顔の左側を隠し、灰色混じりの長い黒髪を腰の辺りで緩く纏めている。戦の時は髪を高い位置で纏めるが。常に嫌な笑みを浮かべているが、彼の紅い瞳は笑っていない。まるで獲物を静かに見つめる蛇の様。『蛇』だ、と形容されているのは其処からである。軍服は着崩したりもせずきっちりと着ている。曰く「此処は元帥様の在りし!軍なのだぞ!その軍服なのだ!きっちり着るのは当たり前だろう!」との事。忠犬か。
【地雷】元帥を侮辱、傷付ける或いはそれらに該当する行為全て。
『花の旋律』とかつての呼び名で呼ばれる事。
火傷を無理矢理見られる事。
【信仰】彼が信仰しているのは、所謂邪というものに分類ようなモノばかり。悪と名のつくものならば全てが信仰対象。余は、闇夜に生きよう。元帥様が全ての光ならば──貴方を支える影になろう。
【魔術】得意な魔術は影、風。自身の影に形を与え操ることが出来るが、勿論影がない場合は魔術を使うことは出来ない。
風は嵐を起こす等は出来ないが、それでも風を集め刃を生成する程度ならば簡単に出来るらしい。
『狂えよ静寂 高らかに 我が手中に 汝は在 舞いし白華 我が心 来る愚者共 御手に在 去りし仇敵 捕らう御手 我が定めし 汝の命』
【武器】扇。普通の物よりも固く作られており、そう簡単には壊せない。先端が全て尖っており、その先端で基本攻撃する。
【特技】オカリナ。不安な夜はそれを吹いているらしい。
【備考】一人称は余、二人称は貴様、三人称は貴様ら。誕生日は8/12。二つ名は『鬼の蛇(くちなわ)』。
大和守さん(7pf3cprv)2020/10/29 18:57 投稿削除
名簿用の絵です……!!
返信
返信1
さん(7lyyn47z)2020/8/7 18:56 投稿削除
「この世に魔術がある通り、名前は呪いで呪(マジナ)いで魂だから。そんな重いものを一時だけ知り合いな君にはまだ秘密。俺の事は適当に…そうだな、古本屋とでも呼べばいいよ。」

「可笑しいな…本では笑って仲良くなってたのに…。君は全警戒心解いてくれないし、…やっぱり恋愛小説って当てにならないな。」

「俺もね、誰かの、誰かにとっての"大事"になりたいんだよ。だって"ひとりぼっち"って寂しいでしょ?…でも、それって難しいよねって話。人間関係で傷付くのってつらいし…。……でも、例え仲良くなれなくてもさ、この仕事はね、誰かに必要とされるんだよ。」

【真名】ルカエル・アンシャ

【年齢/性別】26 / 男

【出身国】ウェンディア王国

【生業】古本屋 / 情報屋

【性格】
表情が乏しく本を何時も読んでいる不思議な人。
本から言葉を引用してきて会話をする事がある。考えが読めないと言われる事があるが、実際何も考えてない事の方が多かったりする。誰とでも邪険にする事なく仲良さそうに普通に話すが、一線を引いていて深く関わらない様にしている。仲良くなりたいけど傷付くのが嫌だから他人のままでいたいという矛盾を抱えている。
物静かで大人しげな雰囲気とは対照的に、普段は騙したり駄々を捏ねたり、我儘を言う子供みたいな態度。人を騙し弄るのが楽しみ。嘘を吐いた後は直ぐに嘘だと言うし、情報屋として働いている時は嘘は言わない。"安心安全のルカちゃん"らしい。

【夢・目的】大切な人を作る事。真面な人間関係について学ぶ事。

【生い立ち】
少し裕福な家庭に産まれた普通の男の子。兄弟が彼を含めて3人であり、その末っ子だった。上に2人も優秀な後継がいたため、一番下の彼には特別何も言われず、しかし特別愛も注がれず。嫌われてもいないが好まれてもいない、そこにはいない様な存在として扱われてきた。ある日、火事が起き、家は全焼、家族の中で生き残りは自分だけだったが特に悲しみはなかった。安心な事に財産があり、暫くは何もしなくても暮らせるほどだったが、何の興味も向けてくれなかった家族が残したものを使うのが癪で、スリ紛いの事をして暮らしていた。そのうち大人になっていき、今では特に何の迷いもなく、残った財産と今の仕事で生計を立てている。

【容姿】
白茶色のさらりとして髪に、淡く透過する様にステンドグラスをイメージさせる赤紫色の瞳。雑に切られ、ちゃんと整えられていない様な短い後髪に、目より上に切られてはいるが真ん中の髪だけ長く目を囲む様に耳にかけられている、特徴的な髪型。他の髪で隠れそうな耳後ろの場所の片方に編み込みがされている。瞳はじと目気味でハイライトがない。
白いシャツに上から紺色、下は黒色の袴姿に茶色のブーツを履いている。青みがかった白の薄い大判ストールを身に付けている。左耳に小さな鈴の付いたリボン型ピアスをしている。身長は175cm程だが2cm程ブーツで傘増しし、見た目177cm

【地雷】自分自身を必要ないと言われる事。

【武器】折り畳みナイフ

【特技】人に気付かれずに盗む事(スリ)・人を騙す事・猫と仲良くなる事

【備考】
読書と猫が好き。普通に猫には好かれる体質の様で、野良猫を手懐けては勝手に名前を付けて遊んでいる。飼っている訳ではないので餌などの世話はしない。側にはいつも猫がいる事が多い。
普段はウェンディア王国にいるが服を買いに行ったり、情報を売りに行ったり、尊華帝國にも行く。情報屋としての仕事は国や身分問わず誰にでもする。対価はお金とは限らず、物でも他の情報でも、貸しとして後払いも可能。
さん(7lyyn47z)2020/8/15 10:21 投稿削除
容姿イメージ
返信
返信1
さん(7mda7n1m)2020/8/12 23:12 投稿
「声はきっと、代償なの。大きな力を望むなら仕方のないこと。代償に差し出せるものが、わたしの場合は声だっただけ。」
「私がもっと強ければ違う方法もあったのかもしれないけど、今の私にはこれしかないから。」

【字】珠代(たまよ)

【真名】明玲(めいれい)

【年齢/性別】26/女性

【出身国】尊華

【生業】尊華帝国軍 中尉

【性格】基本的に人当たりは良く事なかれ主義だが、目的のためには道徳的価値を度外視しした選択も厭わない傾向が見られる。

【夢・目的】一部の素質を持つ者だけが魔術を使うのではなく、より生活に根差し、生活水準を向上させるためのものとして魔術を普及させたい。

【生い立ち】厘都の海沿いの街を治める領主の家に生まれた長女。代々魔術師として尊華帝に仕えてきた家のため、ノブレス・オブリージュ(力を持つ者が負うべき社会的責任)の価値観を叩き込まれて育った。

【容姿】目はくっきりとした二重。口元に黒子がある。長く柔らかな髪を腰まで伸ばしている。背は155cm程度。肌身離さず左耳につけている真珠のピアスは帝都で仕えることが決まった際に祖父母から贈られたもの。年齢よりも幼く見られることが多いが、本人はあまり気にしていない。

【地雷】家柄もあり幼い頃から周囲に優秀な魔術師が多かったため、言葉を扱うという魔術師としての素質に秀でていないことを引け目に感じていた。自分の魔術のスタイルを人と比べられることが非常に苦手。

【信仰】八百比丘尼

【魔術】基本の詠唱は「零れるは真珠、貫けば泡。満ちよ、満ちよ、満ちよ!」
瞬時に多くの言葉を並べることは得意でないが、詠唱にメロディをつけて歌うことで補っている。しかし幼い頃から喉が弱く、あまり長くは歌えない。歌った後は声が出なくなることもしばしば。
戦闘時は水を操り相手に叩き付ける、気管に流し込む、渦潮に巻き込んで溺れさせるなど、非人道的とも言える方法を取ることも多い。

【武器】近接戦闘は得意ではないが、どうしても前衛に出なければならない場合は細身のレイピアを携える。戦闘時は詠唱後の回復を助けるため、大粒の真珠を埋め込んだチョーカーを付けている。

【特技】 組み紐

【備考】好きな食べ物はわたあめ
Tamayo
返信
返信0
ひよ。さん(7kuibwa9)2020/8/9 12:49 投稿
「倒すだけでお金が貰えるんだったら、これ以上に有難い存在は他にないでしょ」
「私? ああ、バウンティハンターをやってるよ。元々は王都の生まれなんだけど。字はスノーグローブっていう、よろしくね」
「正直なところ、魔術なんて回りくどい手段を使うよりは──“これ”を持って突っ込んで、そのまま斬り伏せる方が早い気はするんだ」
「まあ少し前に色々あって、それからずっと北の方で過ごしたから。どうにも王都は暑苦しくて、たまったものじゃない」

【字】スノーグローブ

【真名】ティターナ・フェイ・エテレーヴ

【年齢/性別】21歳/女性

【出身国】ウェンディア王国(育ちは寒冷地ルガム)

【生業】バウンティハンター

【性格】
口調はどこか逞しく中性的。
騎士団ではないために3年前の戦争にも加担せず、氷雪地帯の奥でひっそりと狩猟生活を営んでいたためか、相手がウェンディア人であろうが、尊華人であろうが、ヨズア人であろうが区別、差別することはなく平等に接するようにしているようだ。
またその育った環境のためか、王都などの情勢には疎い。
イモータル狩りを生業としているために、その命は常に死と隣り合わせではあるが、曰く“倒すだけでお金がもらえるんだから有難い”とのことで、然程重くは捉えていない様子が見て取れる。
魔術は使えるが威力としては強大なものではなく、大して戦力にならないことや、これまで基本的に野生動物が相手だったこともあってか“直接剣で斬りかかる方が早い”というどこか脳筋的な思考に至っている。

【夢・目的】
・父との生活を安定させること
・一流の賞金稼ぎを目指すこと

【生い立ち】
ウェンディア王都の中流、エテレーヴ家の出。
母方にとっては望まぬ子であったが、一方で父フェイからははち切れんばかりの愛情を注がれて育つ。
だが母はそれを好ましく思わず、ある程度にスノーグローブが成長した頃から身体的・精神的どちらにも暴力を振るうようになり、哀れに思った父に連れられ、ある晩王都を抜け出す。
母は騎士団に“夫と娘は行方不明”とだけ伝え、暫くの間捜索は行われたが、軈てすぐに打ち切られた。
寒冷地ルガムに父の構えた、立派でもなく貧相でもないごく普通のログハウスで、野生動物などを狩りつつ生活を営んでいたが、近年やや困窮し始めていたために、突然出現し始めたイモータルに掛けられた懸賞金を狙うべく、ひとりで育ててくれた父のためバウンティハンターを志す。

【容姿】
・身長162cm、体重46.2kg。
・羊系統の血を引く獣人族の家系であるため、人間の耳は持たず、その位置に羊のような耳と巻き角を持つ。
・髪色は白く、影が射せば若干の薄水色を帯びる。
・瞳は彩度の高い青、ややつり気味で睫毛は厚い。
・普段の防寒対策+魔術発動時の冷気対策に、肌着の上に首元までを覆う薄い黒色のボディストッキングを着用。
・上半身を覆うケープと、ベルトで固定した腰巻の裾、ブーツは真白いボア付き。
・肩から斜めに大きめのベルトを下げ、左手には同色の革手袋。通常では背中に大剣の鞘を背負うが、それを固定するためのもの。
・右手に革手袋はなく、袖を捲る。
・足元はケープと同色のショートパンツ。

【地雷】高温多湿の環境に長時間晒されること、家系(主に父)を侮辱するような発言

【信仰】氷雪信仰

【魔術】冷気や氷雪を使役する魔術を行使する。
寒冷地(ルガム、ミトラ等)で威力や範囲が増強される特性を持つが、一方でそれらを除いた温暖、または乾燥した地域などでは逆に減衰する。
主に氷弾を生成し牽制に用いたり、一時的に周囲の足元を氷床状態にして自身の移動に関する能力を擬似的に向上させたりするが、どれもあくまで補助的なものに過ぎず、魔術対魔術の決定打とはいえない。
魔術師ではあるが魔術は不得手としており、結果的にこのように最小限の魔術のみを用い、武装をメインに立ち回る。
また発動時、術者の周囲に氷雪の結晶片が舞い散る。

【武器】身の丈程の全長を持つ、やや細身の両手剣。
銘を“カプリスネージュ”。
ウェンディアの鍛治職人が、ある書籍に登場する“永久氷晶”に着想を得て打ったとされる業物。その刀身は氷河を削って成形したかのように、浅葱色によく澄んでいる。

【特技】図体の大きな野生動物相手の戦闘、ちょっとした程度の料理、寒冷地への長期潜行、大剣術

【備考】
・「ティターナ」はシェークスピアの作品に登場する妖精王ティターニアの捩り。「フェイ」は英語で妖精を意味する。「エテ」は夏、「レーヴ」は夢で、「夏の夜の夢」のような意味合いとなり“妖精王ティターニア”と関連する。なお、作中においてはこれらの描写はなく、ちょっとしたネーミングの裏話程度。
・関係は緩募としますが【GLのみ】とさせていただきます。
希望があれば部屋かTwitterまで。
・ボイスイメージ:相羽あいなさん
全身
名簿用トリミングVer
返信
返信0
ゑゐりあんさん(7l5p50v9)2020/7/26 15:28 投稿削除
「お控えなすって。拙者、董と申すさすらいの傭兵にござる。己が研鑽が為、広き世界を西へ東へ。以後、お見知り置きを…」

【字】董(ツウ)

【真名】伊丹 響希(イタミ ヒビキ)

【年齢/性別】19歳/女

【出身国】尊華帝國 榮郷

【生業】傭兵
 護衛から共闘、なんなら戦闘訓練まで金さえ貰えば戦いに関することなら何でもする。それ故、無所属である。

【性格】豪放磊落な性格。相手が誰であろうとすぐに打ち解けようとする気のいい性格。また、己を鍛え上げる事が大好きで、暇さえあれば鍛錬をしている。
 その実ドMで、肉体的・精神的問わず痛いことが非常に好き。むしろ自分から痛めつけられに行くレベル。しかし、努力の天才であり、強者がいればすぐに戦いたがる程好戦的でもある。しかし、戦い終われば明確な敵でもない限りは友好関係を築こうとする。
 また、信仰の関係上植物に対して深い慈しみを持っており、戦闘の際は極力、植物に害を与えぬ様に注意を払う。

【夢・目的】世界最強の称号の入手

【生い立ち】実家である伊丹家は、代々帝國に忠誠を誓う一族で、代々軍に所属していた。しかし、彼女は下記の理由により半年前に家出。その後、董と名乗り、傭兵として各地を渡り歩いている。

【容姿】常磐色の髪を纏めて流しており、右目を隠している。身長は175cm程の長身で、全体的に程よく筋肉が着いている。顔は凛々しく、胸も控えめな為、男性とも思えるような中性的な容姿。
 明るい緑色の矢絣模様の着物を着ているが、だいぶはだけており、肩が見えている。また、下着には吸水性の高い黒い素材を着用。下は袴を履いており、靴は下駄とブーツの合わさったような高さ3cm程の黒い靴を履いている。
 また、腰の帯に小太刀の鞘を入れており、鉄棒は背中に背負う。全体的に緑色。

【地雷】植物を理由もなく傷つける行為、己を弱いと馬鹿にする行為、“伊丹家”であることを強調すること

【信仰】植物信仰

【魔術】光がある際の回復力向上。弱い光でも可能だが、強い光であればあるほどに回復力は向上する。

「玉響に散りゆく翠の命 久遠に根差す翠の命 我が命に種芽吹かせて 我が苦難傷に咲かせたまえ」

【武器】「玉響(タマユラ)」、「久遠(クオン)」の銘を持つ二振りの小太刀と、鉄製の長い棒一本。これらを組み合わせることで、両端に刃の着いた薙刀「已己巳己(イコミキ)」となる。

【特技】剣術及び薙刀術
 その才能は非常に高く、普段は小太刀二刀流。そして間合いを取る相手には両刃薙刀で攻撃をする。数発程度の銃弾や矢を防ぐ位には扱えるが、まだまだ発展途上の実力。

【備考】侍言葉は完全なる趣味。取り乱したり驚いたり、冷静じゃなくなると口調が元来のものに戻る。そして大食漢。
 また、家出をした立場上、あまり苗字を名乗りたがらないが、魔術師の特性上知られないと不味いので、信頼出来る人間のみに教えている。
 3年前の戦争時には軍に参加したがっていたものの、両親が認めず、結局彼女が入隊を許可されたのは戦後。しかし、結局軍隊を除隊し1年前に家出をした。
ゑゐりあんさん(7l5p50v9)2020/8/8 21:49 投稿削除
ほづみんの部下になった後


「私はただの一兵卒。だけど私が忠誠を誓うのは國じゃない。ただの、馬鹿狐だよ」「拙者、董と申す。まだまだ修行中の身ではあるが、よろしく頼むでござる」

【字】董(ツウ)

【真名】伊丹 響希(イタミ ヒビキ)

【年齢/性別】19歳/女

【出身国】尊華帝國 榮郷

【生業】一般兵

【性格】豪放磊落な性格。相手が誰であろうとすぐに打ち解けようとする気のいい性格。また、己を鍛え上げる事が大好きで、暇さえあれば鍛錬をしている。
 その実ドMで、肉体的・精神的問わず痛いことが非常に好き。むしろ自分から痛めつけられに行くレベル。しかし、努力の天才であり、強い相手に対しては誰であろうと敬意を払う。しかし、戦い終われば明確な敵でもない限りは友好関係を築こうとする。
 また、信仰の関係上植物に対して深い慈しみを持っており、戦闘の際は極力、植物に害を与えぬ様に注意を払う。
 火津彌に対して表面上は反抗しつつも、実際はかなり忠実であり、彼の命令は基本的に聞く。また彼のためならば命を投げ出す覚悟がある。

【夢・目的】火津彌と一緒にいる/火津彌を護る

【生い立ち】実家である伊丹家は、代々帝國に忠誠を誓う一族で、代々軍に所属していた。半年前に家出をして傭兵として過ごしていたが、現在は一般兵として過ごしている。

【容姿】伊丹家特有の常磐色の髪を纏めて流しており、右目を隠している。身長は175cm程の長身で、全体的に程よく筋肉が着いている。顔は凛々しく、胸も控えめな為、男性とも思えるような中性的な容姿。
 普段は軍服を着ているが、それ以外の時は明るい緑色の矢絣模様の着物を着ている。だいぶはだけており、肩が見えている。また、下着には吸水性の高い黒い素材を着用。下は袴を履いており、靴は下駄とブーツの合わさったような高さ3cm程の黒い靴を履いている。
 また、腰の帯に小太刀の鞘を入れており、鉄棒は背中に背負う。全体的に緑色。

【地雷】植物を理由もなく傷つける行為/己を弱いと馬鹿にする行為/“伊丹家の人間”であることを強調する行為/火津彌を馬鹿にする行為

【信仰】植物信仰

【魔術】光がある際の回復力向上。弱い光でも可能だが、強い光であればあるほどに回復力は向上する。また再生の際はじっとしなければならない。

「玉響に散りゆく翠の命 久遠に根差す翠の命 我が命に種芽吹かせて 我が苦難傷に咲かせたまえ」

【武器】「玉響(タマユラ)」、「久遠(クオン)」の銘を持つ二振りの小太刀と、鉄製の長い棒一本。これらを組み合わせることで、両端に刃の着いた薙刀「已己巳己(イコミキ)」となる。

【特技】剣術及び薙刀術
 その才能は非常に高く、普段は小太刀二刀流。そして間合いを取る相手には両刃薙刀で攻撃をする。数発程度の銃弾や矢を防ぐ位には扱えるが、まだまだ発展途上の実力。

【備考】侍言葉は未だ健在だが、仕事中にしか使わず、仕事以外では標準語で話す。
 また、伊丹家の人間だと思われるのを嫌う関係上、真名を教える事はほぼ無いが、魔術師の特性上知られないと不味いので、信頼出来る人間のみに教えている。
 「伊丹家」というネームバリューに苦しめられており、家出をして傭兵として活動していたが、勇み足でイモータルに挑んでしまい殺されかける。その際火津彌に救われた為、以降は自分を1人の人間として見てくれる火津彌に付き従う。
 火津彌に対しては恩がある為付き従っていると言い聞かせているものの、心のどこかで別の感情がある事に、彼女はまだ気付いていない。
返信
返信1
盛岡冷麺さん(7lxd9fpi)2020/8/8 20:04 投稿削除
「初めまして、お嬢様。僕はリステッラ家当主、アスタと申します。以後、お見知り置きを。__ふふっ。」「__どうして、真名を教えられる相手がいるのに教えないのかって?…ふふ、秘密です。貴方が僕ともっと仲良くなれたら、いつの日か教えて差し上げましょう。約束します。」「…ああ、僕の耳、尖っているんです。生まれつきですよ。あははっ、面白いでしょう?触ってみます?」「……っは、素晴らしい。是非、是非貴方の絵を描かせていただけませんか?」
【字】アスタ
【真名】アステール・リステッラ
【年齢/性別】19/男性
【出身国】ウェンディア王国(王都出身)
【生業】画家
 【性格】穏やかで柔らかな笑みが特徴的な青年。物腰も柔らかく、機転の利く性格。名門貴族の生まれで、言葉遣いは勿論、マナーも守る。貴族だからと言って誰かを見下したりすることはない。生まれつき右目の視力が良くない為、ステッキを携帯している。"自分から見えるものが全てではない"をモットーに画家として活動している。「彼の絵はとても感情が揺さぶられる」と少し前から人気が出ている。甘いものが好き。真名を誰にも知られていない為、魔術が使えない。…嗚呼、なんてよく出来た偽善者なんでしょうか。
【夢・目的】幸せな家庭を築き、それを絵に描くこと。自分の作品を後世に残すこと。
【生い立ち】名門貴族リステッラに生まれた一人の少年。顔立ちも整っており、右目は弱視なものの周りから褒められ続けて生きてきた。それがアスタ。しかしアスタは両親を亡くした日…16歳のころから"目に見えているものだけが全てなのか"と疑問と筆を持った。感じることただそれだけをキャンバスに殴りつけ、自室に飾っていた。それが、我が屋敷にきたお偉い様の目にとまるとも知らずに。
【容姿】身長178センチ。髪は薄い紫の色から深い海の様な青のグラデーションのボブ。少々癖っ毛でうねっているところもあり、右目の部分は前髪で隠している。瞳は宝石のアメジストのように輝いているが、右目は視力が殆どないので白くにごっている。エルフの様に尖った耳に、真っ白な雪のような肌。長い灰色のコートを肩にかけて羽織っており、下はフリルのついたシャツにアメジストのループタイ、金のボタンがついた黒いパンツ。爪の形も美しく、細く長い指は銀のステッキを握っている。靴はコツコツと音のなる黒い革靴。
【地雷】自作のお菓子を不味いと言われること、芸術を冒涜するような発言。
【信仰】星への信仰。
【魔術】主に光の魔術を使用する。目眩しや、光る武器を作り出したりなど。
【武器】 ステッキが剣の様になる仕込み杖になっており、それを常日頃から携帯している。
【特技】 絵を描くこと、お菓子作り、料理。
返信
返信0
古場田さん(7kw5btks)2020/8/6 13:22 投稿削除
「えー…………それ私じゃなきゃだめ?」「それがあなたの今するべき最善よ」「私は、ただ、使命を果たせれば、それでいいの。あなたは、あなたを私に見せてくれるだけで良くて、別にそれ以上を望んでなんていないんだから。」

【字】
ジェフティ
【真名】
ネフェル
【年齢/性別】
18歳、女
【出身国】
ウェンディア王国(移民)
【生業】
司祭兼学士
【性格】
無愛想。自身の目的の為ならば利用できるもの(自分に不都合な情報でも)ならばなんでも利用して達成しようとする強かさと太々しさがあるとおり、狡知に長けている。基本的につっけんどんな態度で、気に喰わない事があるとまず口に出るタイプ。「それがあなたの今するべき最善よ。」とは母親受け売りの口癖。結構悪戯好きな一面があり、ありのままの人間の姿を引き出せるからだと言う。
【夢・目的】
備忘録の完成
【生い立ち】
ウェンディア人とヨズア人の元生まれ、その後、一家全員がウェンディア王国の移民となった。幼少期の他国の文化が抜けきれておらず、信仰も大きく影響を受けている。
【容姿】
桃色の淡く柔らかな髪は手入れが行き届いていて、ストンと下に落ちる。それを後ろに一つ束ねに言っていてポニーテールとして纏めている。姫カットで前髪を切り揃えている。白い肌、起伏は大人しめの体つき。薄赤色と紫紺のオッドアイには星柄に似たハイライトが特徴。
【地雷】
記録に対する軽率
月、あるいは夜の侮辱
悪口
【信仰】
太陽信仰における月の信仰者。大元を辿れば太陽信仰。(月は太陽の光を反射して輝くという事から)。また、言葉の魔力自体における信仰を一部分している。
【魔術】
信仰の性質上、夜にしか魔術は使えない。治療魔術を使える。
【武器】
無し
【特技】 
楽器(弦楽器なら大抵弾ける)演奏
足が案外早い
悪知恵
速筆
暗算
【備考】
ウェンディア王国の司祭であり、騎士修道会にて学士も兼任している少女。出会った人物の中で、気に入った人物の詳細を文字にして書き留め、それを一冊の書『ジェフティ備忘録』として完成を目指している。また、自身の字さえもあまり明かしたくないきらいがあるが、これは移民する以前の土地での信仰故。出身地は【馬地-マージ-】にいたらしく、ウェンディアの夏に苦しむ人たちの苦しみが理解できない。自分の容姿には結構自信がある方。コーヒー好き。
by右向きシークレット
返信
返信0
丼田さん(7jnrdr6g)2020/8/6 08:50 投稿削除
「私は由緒正しき名家ベネット家に遣えるヴィリオーフカで御座います。何か御用がありましたら、何なりとお申し付け下さいませ。」
「〝吊り〟は良いものですが、元々純粋なる拷問器具だったのですよ。体重でロープが身体に食い込んだ箇所から鬱血による壊死が起きたりしますし、排泄などもそのまま垂れ流しになりますので……結局人間としての尊厳なんてものもあっという間に吹き飛んでしまいます。正しい知識を持って、正しく楽しく吊りましょうね。」
「ええい……小賢しいッ!!猿からそのまま知識を付けた頭をお持ちになりやがって!そんなに僕に縛られたいんですか!!!」

【真名】ヴィリオーフカ・スリップマン

【年齢/性別】23歳/男

【出身国】ウェンディア王国

【生業】執事

【性格】言われた仕事を完璧にこなすのは勿論のこと、隅々まで気を配り公私共に誇れる執事になれるよう日々励んでいる。ミアに忠誠を誓い真面目で丁寧、尚且つ努力家な面を持ち合わせる。がやはり若さ故のノリの軽さ等は抜け切らない。普段は理知的な考えをするものの、切羽詰まると少々脳筋的な行動が見られたりする。ネズミに対しての苦手意識や恐怖心が強く、見つければ速攻で捕まえゴミ箱へ捨てるが動揺が止まら無いのかその後の給仕に支障をきたす模様。自分と近しい者、心を許した者に対しては雑な対応をしがちだが、それは信頼する故の相対する気持ちから来ている。ミア至上主義だが彼女相手であっても少々手厳しい面も。1つ言っておくとすれば、彼はミアだからこそ、ミアであるからこそ膝を折るのだ。運動神経や反射神経等は特に良く、縄の扱いに長けている。捕縛術が特技なのに対しては彼曰く「縄を触るのが好きなのであって決してサディストでは無い」との事だが、実際楽しんでいるような所を見る限り本人が自覚していないだけかもしれない。若く真面目な執事。他の人間と何ら変わりのない彼は、執拗なまでに〝首吊り〟に恋焦がれている。

【夢・目的】最期は首を吊り死ぬ事/お嬢様に仕え護る事

【生い立ち】8歳の時父は外に愛人を作り消え、母は首を吊る。浮かぶ女はとても安らかな顔をしていた。悲しみや戸惑いよりも、その女の表情に、その表情を作らせたそれに恋をした。いつか噂で聞いたことがある「縄や羽を窓にすると違う世界が見えるらしい」___きっと女は新しい世界を縄の向こうに見つけたに違いない。 その後運の良い事に施設でなく叔父に養子として引き取られる事に。元々叔父の家系は代々従者としてベネット家に仕えており、途中から用意されたレールの上を異論も持たずそのまま歩む。13の時従者としてベネット家に送り出され、10年間の時を経て現在に至る。
尚彼が聞いた噂というものは【山鳥の羽や銃の照門から覗くと窓になり、魔物の正体が分かる】という信憑性の欠片も無いただの想像力の産物が、人へ人へと噂として語られ意味が曲折したもの。【新しい世界が見える】だなんて事は、そもそも無い。

【容姿】深縹色の指通りの良い髪の毛に薔薇色の瞳。いかにも執事らしいといった顔に、無駄な肉の無い引き締まった体付き。身長は178cm程。黒色の燕尾服を見に纏い、首には専属の執事である紋章が記された黒色のネクタイ。ベネット家には独特のネクタイの制度が設けられている様だ。燕尾服の裏地やベストは濃い赤色をしている。汚れなき白い手袋を両手にはめ、よく磨かれた靴を履く。

【地雷】ベネット家に対しての侮辱 / 自身、または身近な人間の他殺による死

【武器】常備している頑丈な麻縄(約10m程、特注品)
【特技】給仕、そして捕縄術。捕縛も緊縛もお手の物。
【備考】〝 首吊りに恋焦がれている〟ならば何故早く吊らないのだ、と言われれば彼曰く「人並みに幸せにしてからいきたい」とのこと。__妻を娶り全うするまで死ぬ気は無い。首吊りに恋焦がれながらも妻を娶りたいだなんて言っても、行為と現実じゃ大違い。……きっと浮気にはならないだろう。
返信
返信0
ガエリオさん(7ktl2inx)2020/8/6 08:45 投稿削除
『 ようこそお越し下さいました。…私は名家ベネット家に遣えるシュッツで御座います。御用の際はお手数では御座いますが…こちらの執事…ヴィリオーフカをお呼び下さいませ。では…またお帰りの際に。________……ふぁ…ぁ……。……ねっっむ…。』

『嫌ァな世の中だねェ…。 いもーちゃらは旬の魚かってくらい跳ねて沸いてるみたいだし? …ん、ご自慢の護身術でどうにかしろって?……はッははは!!無理無理、勝てる訳ないじゃん!どうしても勝ちたいなら逃げるが勝ちよ。分かる??…現実甘くないのよ。』

『お出掛け、…はっ、このシュッツ。お嬢の命令とあれば何処までも。…例えお嬢の身に危機が降りかかろうと…私が全身全霊を持って御守りしましょう…。_______ぁぁ、荷物持ちですね。…えぇ、喜んで。はい。』

【真名】シュッツ•エデルリッゾ

【年齢/性別】28歳/♂

【出身国】•ウェンディア王国

【生業】執事

【性格】
•長身金髪執事は丁寧でしっかり者の執事?まさかまさか。…寧ろ執事が務まるかどうか…人の不安を煽りそうだ。何たって、“なるようになるさ”。の精神なのだから。

子供心を忘れず、好奇心旺盛であり興味を惹かれたものには暇さえあれば一目散に飛びつく。逆に全く興味を惹かれる要素が無ければ気分が乗らない限りは一蹴りにしてしまうだろう。良くも悪くも…分かりやすい。しかし人の面倒等を見るのは嫌いではないのか直感的(不安)にではあるが知らない人でも困っているならある程度のサポートをするだろう。本人曰く『人の喜んでいる顔が好き』との事。だが仕事熱心かと言われればそうでも無く何時まで経っても誰かしらに文句を言われている姿が見受けられる。慣れたように笑いながら受け入れて(流して)いるが…。そんな彼ではあるものの、屋敷の人は何だかんだで大切にしているようで一つの家族のような見方をしている。

【夢•目的】ベネット家に関わる者が平和に幸せに暮らす姿を見届ける事。そして給料が上がる事。

【生い立ち】
•生まれはウェンディアの少し特殊な家庭から。両親共に生業を従者としていたからか子供にも同じ様に生きてもらう為にと幼い頃から従者として役に立つ知識を一つ、また一つ丁寧に教えてもらい育ってきた。本人はそれに対して全く不満は無く…寧ろ感謝している。将来の設計という面倒な事をしなくて済んだのだから。性格的に万々歳。___そして16歳のある日、ベネット家に仕える執事として正式に送り出され…不満等は特に無く12年執事として遣えてきた。その間、趣味という趣味も特に無かったからか他国の武術等を護身術の一環として学び、型にハマったものだけを使用する我流の護身術を勝手ながらに編み出した。

【容姿】
•男性にしては長めに伸ばされ、丁寧にセットされた金髪。後ろ髪は束ね肩に掛けるようにし決まって前髪は左に掻き分ける。細い眉に透き通るような海色の瞳。身体は護身術のお陰もあって、程よい筋肉と引き締まった身体付きになっている。身長は183cm。仕事外では様々かつ楽な格好で歩き回るものの、仕事となれば決まって裏地は濃い赤色の黒燕尾服、紋章の印された黒ネクタイ。裏地同様に濃い赤色のベスト。綺麗な白い手袋と汚れの一切ない靴で格好を作り上げる。また厄介事が避けられぬ場合にはポケットに密かに潜めている黒い厚手の手袋に履き替える事もあるのだとか。

【地雷】•ベネット家への侮辱と髪型に対しての侮辱。

【武器】•我流護身術

【特技】•程よい手抜き •子供の世話、客人への話題提供、おつかいついでに関係のない物を購入してくる事。

【備考】
•名前の由来…シュッツ→【守る•保護する】

•一般人の枠だけで見るならば護身術のお陰もあり執事兼ガード役のような立ち回りも出来ない事はないが、イモータルや魔術師と言った存在が絡んで来た時は本人曰く『対抗すべき相手じゃない』との事。

•業務的には紅茶を入れる事の方が多いものの実はコーヒーの方が得意だったり。
返信
返信0
ルーズさん(7lww4xpp)2020/8/4 09:09 投稿
「私は平和が好きなのだ。だから貴様、そのための礎となるがいい」「圧政……?否、これは正義である」「秩序の神は私に味方している……私こそが、この世に正しい規則をもたらすことが出来るのだ」
【字】透紙炉(すくしろ)
【真名】天心 白守(てんしんはくも)
【年齢/性別】25/女
【出身国】尊華帝国
【生業】尊華帝國軍・中佐
 【性格】超現実主義。正義と秩序のためならどんな手も厭わない冷徹さを持つ。
【夢・目的】世界に正しい秩序をもたらすこと
【生い立ち】尊華帝国の名家に生まれ、幼い頃から競争社会で育てられた。彼女が人生で学んだことは、世は理不尽であるということだ。才能がないものは淘汰され、努力は報われず、生きとし生けるものはみな死ぬ。彼女はそんな現実に耐えられなかった。だから、自分の力で、非情な現実を書き換えようと思ったのだ。そんな時に出会ったのが秩序信仰というものであった。その日からそれは、彼女の全てとなる。彼女は元々の才能と努力で尊華帝國軍に無事入属し、その後出世街道を駆け上がって行った。そして、齢22にして中佐まで上り詰めることができた。しかし、彼女は、激しい競走の中で大切な何かを摩耗してしまっていた。気がつけば、彼女は、彼女が忌み嫌った「理不尽」そのものに成り代わってしまったのだ。
【容姿】白い髪。ひびが入ったような傷。切り傷。つり上がった瞳。尊華帝國軍の軍服をきっちりと着こなしている。
【地雷】平和を脅かす者、秩序を乱すもの
【信仰】秩序信仰
【魔術】術者が定めた「基準」を元に、そこから逸脱しているものに対して、その差異の分だけダメージを与えることが出来る。そのエネルギーは光線にして直接放ったり、武器に纏わせることが出来る。

使用法·····1d10を振って何処が基準を決め、もう一度1d10を振って基準からどのくらいズレているかを測る。ピッタリ同じだった場合魔術は発動しない。

例·····1回目8、2回目6なら基準から2ズレていることになり、能力の最大ダメージを100とした際の20%ほどのダメージを与えることができる
【武器】白い鍔に白い鞘の日本刀。彼女の家に代々伝わる業物である。
【特技】 体術・剣術・弓術・騎乗術
【備考】
一人称は私。二人称は貴様、貴方、貴女。好物は秩序と平穏。嫌いなものは混沌と戦争。だが、秩序を齎すためなら戦争も厭わないだろう。

女性らしさや美への観念などはとうの昔に捨て去っており、休日でさえ軍服を着ているという徹底ぶり。更に暇な時間を作らないように彼女のスケジュールは1年先まで埋まっている。上官には従順であるが、それは単に出世のためである。

一部では彼女のことを「白鬼」とか「正義の代行人」などと呼んでいるらしい。そのことについて当の本人はノーコメントを貫いている。
美少女メーカーで作りました
k
運営さん(7kuqnzxd)2020/8/4 09:48 投稿削除
素敵なキャラさんありがとございます。
訂正依頼箇所になります。

① 【信仰】秩序信仰
❶ 用語集より例を引用します。用語集を今一度お読みになって頂き、こちらに沿った設定に変更をお願いします。
【尊華帝國】
八百万の神と言われる程多くの神格を有する宗教形態であり、
神道・仏教・道教・陰陽道などをモデルにした神や妖怪などの神格を信仰します。
具体的な神や妖怪の名前の使用については、運営のさじ加減にはなってしまいますが、
ヨズア戦記に輸入した際、不自然ではないと判断したもののみ許可します。
(ヤマタノオロチ、ヤタガラスなどはOK、大物主命(日本創設の神)、天照大御神などはNG)
あくまで『モデル』なので、実在する神様や妖怪の名前を使用しなくてはいけない訳ではありません。
天照大御神を信仰したい場合は、太陽の神にするなど。

まず尊華帝国では〇〇神信仰、〇〇の神という表記に統一して頂いております。また上記の例(神道、陰陽道、道教、仏教)で秩序の神に該当しそうなモデルを見つけることが出来ませんでした。尊華帝国であれば、一例ですが相反する陰と陽の二気によって消長盛衰し、陰と陽の二気が調和して秩序が保たれるという陰陽道などを引用すると良いのかな、と思います。その場合信仰は陰陽神信仰と書けばOKです。
ただ、その場合は“清濁を併せ持つ”というものへの信仰になりますので、濁にあたる部分であるものを認めず正義を振りかざすという当キャラさんの性質も今一度練り直して頂く必要が出てきてしまうかな、と思います。そもそもが東洋の宗教文化はこういった陰陽道に強く影響を受けており、司法の神、裁判の神、正義の神はやはり西洋的な概念になってしまうようです。こちらの調べが足りないだけかもしれませんので、ぜひご納得ゆくまで調べてくださいませ。ウェンディア王国も目に見えるものしか信仰は出来ないため、ヨズアの民であれば許可できます。

② 【魔術】
❷こちらの設定は全て、ヨズア戦記の世界においてはイモータルの『異能』にあたります。説明に少し骨が折れますので、こちらをもう一度よくお読みになって頂き、感覚を掴んでから練り直して下さいませ。
【魔術の記入の仕方】https://yozua2ki.1net.jp/81147/91490.html#contents

③ 【備考】


一人称は私。二人称は貴様、貴方、貴女。好物は秩序と平穏。嫌いなものは混沌と戦争。だが、秩序を齎すためなら戦争も厭わないだろう。

女性らしさや美への観念などはとうの昔に捨て去っており、休日でさえ軍服を着ているという徹底ぶり。更に暇な時間を作らないように彼女のスケジュールは1年先まで埋まっている。上官には従順であるが、それは単に出世のためである。

こちらは【性格欄】に表記ください。
ルーズさん(7lww4xpp)2020/8/4 15:00 投稿
「私は平和が好きなのだ。だから貴様、そのための礎となるがいい」「圧政……?否、これは正義である」「裁きの神は私に味方している……私こそが、この世に正しい規則をもたらすことが出来るのだ」
【字】透紙炉(すくしろ)
【真名】天心 白守(てんしんはくも)
【年齢/性別】25/女
【出身国】尊華帝国
【生業】尊華帝國軍・中佐
 【性格】一人称は私。二人称は貴様、貴方、貴女。好物は平等と正義。嫌いなものは理不尽と戦争。だが、平等を齎すためなら戦争も厭わない冷徹さをもつ。女性らしさや美への観念などはとうの昔に捨て去っており、休日でさえ軍服を着ているという徹底ぶり。更に暇な時間を作らないように彼女のスケジュールは1年先まで埋まっている。上官には従順であるが、それは単に出世のためである。
【夢・目的】世界に正しい方向に導くこと
【生い立ち】尊華帝国の名家に生まれ、幼い頃から競争社会で育てられた。彼女が人生で学んだことは、世は理不尽であるということだ。才能がないものは淘汰され、努力は報われず、生きとし生けるものはみな死ぬ。彼女はそんな現実に耐えられなかった。だから、自分の力で、非情な現実を、非情たらしめている存在を排除しようと決意した。そんな時に出会ったのが、死者を裁く神である。それは、彼女の全てとなる。彼女は元々の才能と努力で尊華帝國軍に無事入属し、その後出世街道を駆け上がって行った。そして、齢22にして中佐まで上り詰めることができた。しかし、彼女は、激しい競走の中で大切な何かを摩耗してしまっていた。気がつけば、彼女は、彼女が忌み嫌った「理不尽」そのものに成り代わってしまったのだ。
【容姿】白い髪。ひびが入ったような傷。切り傷。つり上がった瞳。尊華帝國軍の軍服をきっちりと着こなしている。
【地雷】悪人・罪人
【信仰】裁きの神
【魔術】人の罪を見、裁くことができる。罪のないものには機能しない。

詠唱は
「縛・雙世・雙王・静息・遮止 、汝焔摩天之乎以悔改可」

「縛道、双界、双王、静息、封鎖、汝の罪は、六欲天が1人、焔摩天の裁きをもって、悔い改めるがいい」

【武器】白い鍔に白い鞘の日本刀。彼女の家に代々伝わる業物である。
【特技】 体術・剣術・弓術・騎乗術
【備考】

一部では彼女のことを「白鬼」とか「正義の代行人」などと呼んでいるらしい。そのことについて当の本人はノーコメントを貫いている。
ルーズさん(7lww4xpp)2020/8/4 15:40 投稿
「私は平和が好きなのだ。だから貴様、そのための礎となるがいい」「圧政……?否、これは正義である」「裁きの神は私に味方している……私こそが、この世に正しい規則をもたらすことが出来るのだ」
【字】透紙炉(すくしろ)
【真名】天心 白守(てんしんはくも)
【年齢/性別】25/女
【出身国】尊華帝国
【生業】尊華帝國軍・中佐
 【性格】一人称は私。二人称は貴様、貴方、貴女。好物は平等と正義。嫌いなものは理不尽と戦争。だが、平等を齎すためなら戦争も厭わない冷徹さをもつ。女性らしさや美への観念などはとうの昔に捨て去っており、休日でさえ軍服を着ているという徹底ぶり。更に暇な時間を作らないように彼女のスケジュールは1年先まで埋まっている。上官には従順であるが、それは単に出世のためである。
【夢・目的】世界に正しい方向に導くこと
【生い立ち】尊華帝国の名家に生まれ、幼い頃から競争社会で育てられた。彼女が人生で学んだことは、世は理不尽であるということだ。才能がないものは淘汰され、努力は報われず、生きとし生けるものはみな死ぬ。彼女はそんな現実に耐えられなかった。だから、自分の力で、非情な現実を、非情たらしめている存在を排除しようと決意した。そんな時に出会ったのが、死者を裁く神である。それは、彼女の全てとなる。彼女は元々の才能と努力で尊華帝國軍に無事入属し、その後出世街道を駆け上がって行った。そして、齢22にして中佐まで上り詰めることができた。しかし、彼女は、激しい競走の中で大切な何かを摩耗してしまっていた。気がつけば、彼女は、彼女が忌み嫌った「理不尽」そのものに成り代わってしまったのだ。
【容姿】白い髪。ひびが入ったような傷。切り傷。つり上がった瞳。尊華帝國軍の軍服をきっちりと着こなしている。
【地雷】悪人・罪人
【信仰】閻魔王信仰
【魔術】人の罪を見、濃紫と白の焔によって作られた大鎌や鎖を用いて裁くことができる。罪のないものには機能しない。裁きの威力は対象の罪の多さによって変動する。

詠唱は
「縛・雙世・雙王・静息・遮止 、汝焔摩天之乎以悔改可」

「縛道、双界、双王、静息、封鎖、汝の罪は、六欲天が1人、焔摩天の裁きをもって、悔い改めるがいい」

【武器】白い鍔に白い鞘の日本刀。彼女の家に代々伝わる業物である。
【特技】 体術・剣術・弓術・騎乗術
【備考】

一部では彼女のことを「白鬼」とか「正義の代行人」などと呼んでいるらしい。そのことについて当の本人はノーコメントを貫いている。
返信
返信3

イモータル

【表CSテンプレート】
「サンプルメッセージ」★必須 
【名前】★必須
元魔術師は字か真名でより馴染み深い方か、新たに名をつけてもよい。
【享年/性別】☆準必須
生前のもの 異形は男女・中性どんな姿をとるかは自由です
【性格】★必須 
【死因】★必須
【信仰】☆任意 
必ずしも敬虔な信者である必要はありません。
【容姿】☆簡単でもOK 
【異能】★必須
生前に執着していたものが反映される事が多いです。
【噂話】☆任意
【備考】 
キャラクター画像を掲載したい場合、600*600サイズでお願いします。


【裏CSテンプレート】
【名前】字/真名  生前のもの
【概要】
【コード】
【ロスト理由】(ある場合)
【その後】(ある場合)
※裏CSの執筆は任意です。
ロスト時あるいはコード解明時にツリーに投下する迄ご自身で管理して下さい。※


コード一覧
コードはこの中から選び、ご自身で管理して下さい。

※注意事項※
イモータルはロスト前提のキャラクターです。
今後ヨズア戦記が新章に突入した場合など、使えなくなる可能性があります。
なお、コードは用語集から一つを選び、ご自身で管理してください。






アイコン設定
投稿者さん使い方

ご投稿ありがとうございますと表示されるまで投稿は完了していません。
カフカさん(7kqpwuk2)2020/7/20 07:00 投稿削除
「精々もがいて見せろ、人間。」
「俺は俺の為にお前らを殺す。」
「ハハッ、ク………フ……………ハハハハハハハハハハハハハッ!!!!!!!!!!!!!!!実に愉快だ、お前も嗤えよ。いや……嗚呼、死んだか。」
【名前】
ドラクリア
【年齢/性別】
28/男
【性格】
普段は紳士的な好青年を演じている。
しかしその内実は残酷で狡猾な屑。 ずる賢く、そして人間という存在を軽蔑している。
【死因】
他殺
【信仰】
元太陽信仰・現在血信仰
【容姿】
黒の長髪は純粋故に漆のようだ。褐色の肌、首には蛇と十字の刺青。背中には大きな太陽の刺青。筋骨隆々とした肉体が露わになったままの上裸。下は黒いワイドパンツ。耳には黒のピアス。
【異能】
自らの体から、杭(見た目は黒い棘)を無制限に生成し、その杭を突き刺した対象から血を吸い取る。彼の歯も同じ素材で形成されている。
【噂話】
血が抜けきった死体が複数王都内で見つかっているため、吸血鬼の存在が巷で話題になっている。
また、聖フィニクス騎士団に似た顔立ちの男がいたという目撃情報が入っている。
【備考】
お前、美味そうだな。
Picrewより、かじの様のGloomy Dogからお借り致しました。
返信
返信0
とっとこさん(7l53csj9)2020/7/18 20:28 投稿削除
「 あらら、派手にやっちゃったね!もうすぐ死んじゃうよね?その身体……売ってほしいなぁ。___グ~~~ッド、坊やは話が早くて助かるね! 」
『 べギーによろしく言っといてよ。』

【名前】ベギーアデ・ズルツァドロ
【享年/性別】生前も入れれば36くらいかしら/男性
【容姿】彼の顔面を簡易的に説明するなら〝真白な花の蕾〟がピッタリだろうか。目や耳や口など生物的器官が一切無い、のっぺりとした花の蕾。長髪のような黒い物体が頭部から生えているが、時折ウネウネ動くので多分髪じゃない。───身体は〝かなり筋肉質な男性の体型〟をしている。そして、肩からは左右対称に二本ずつの腕……つまりは〝計四本〟の腕が生えている。逆関節の両脚を持ち、ミリタリーパンツを履いて膝まで裾捲りをしている。───酷い前傾姿勢故に幾許か小さく見えるが、身長220㎝とかなり大柄である。
【性格】容姿こそ確かにおぞましいが、とっても温厚で陽気なヤツだ。怒ることなんてほとんど無く、いつでもどこでも君の味方!酷いことを言われたって、ハイタッチで仲直りさ。だってボクらは〝仲良し〟だろう?───けれども〝感情〟が非常に乏しいのが難点だ。どこがって、そりゃあ……『アイツは本物のロクデナシだ』
【死因】他殺
【夢・目的】誰とも思い出せないあの女の子と、もう一度会って話をしたい。ただそれだけ。
【異能】『ごきげんようべギー』草木も眠る丑三つ時。家中の明かりを消して、鏡の前で唱えるの。───鏡の中に現れた悪魔は、貴方の願い事を一つだけ叶えてくれる。けれど、貴方以外の人間を巻き込むような願い事は叶えられません。他人に迷惑はかけちゃいけないって、ママに言われただろう?───さておき。彼を利用する際は、二つだけ注意事項がある。『彼が居る間、絶対に電気を点けたり振り向いたりしないこと』『〝べギーに会わせて〟とお願いしないこと』。どうなるか知りたいなら、君が確かめてみればいい。
【噂話】〝素敵な悪魔〟の噂を、聞いたことはありませんか?真夜中に鏡の中に現れる、とっても素敵な悪魔の噂。───『アイツはとんでもねえ野郎だ。どんな願いでも一つだけ叶えてくれる、なんて……そんな都合のいい話を信じちまった俺が馬鹿だった。俺はどうしても■■に会いたくてさ………それで……噂を信じて、アイツに……お願いをしたんだよ。■■を生き返らせてくれ、ってな。そしたら■■………■■は………あんな、……………。………すまん、今日のところはもう終わりにしてくれ。』──────眠れないのかい?……それならとっておきのオマジナイをしてあげよう。ほら手を握って、目を閉じて。一番大好きな人を思い浮かべるんだ。…………パパかい?いいね。……目蓋の裏にパパがいるだろう?ずっと一緒だよ、もう怖くないよ。───おやすみなさい。
とっとこさん(7l53csj9)2020/7/20 02:00 投稿削除
「ボクはキミのどんな願いも叶えてあげられる。本当だってば!中年おじさんを〝もふもふうさちゃん〟に変えてやったこともあるんだからね。」
返信
返信1
まりーもさん(7kovu2dr)2020/7/19 14:18 投稿
「ぱくぱくぱくぱく。ぜーんぶぼくが食べちゃうのです!やなことも、たのしいことも、ぜーんぶっ!あはは!」
「あれれ?またおなかがすいちゃったのです。さっきたべたばっかりなのに……なら、なにかたべなくちゃですね!あなた、ぼくのごはんになりませんかーっ!」
「ぼくのものは、ぜーんぶおなかにしまっておくのです。大事なものもおなかにしまえば、だれにも盗られなくてすむのです!ほしいものだって、永遠にぼくのものなのです!とーっても、すばらしーことでしょー?!」

「ああまた、またおなかがすいた、おなかがすいた!たべなくちゃ、たべなくちゃ、たべなくちゃ。おなかがいっぱいになれば、きっとしあわせになれるのです。いやなことも、たべちゃえば、きっと元気になれるのですー!…アハハ、ごはん、みーつけた!」

【名前】ハオ

【享年/性別】不明

【性格】何でもかんでも食べれば済むと思っており、頭は良くないと思われる。
食べること=支配欲になっている節があるが、基本的には特に理由なくなんでも欲しがっているか、見たくないものを排除したいだけである。

【死因】食事が原因の病死

【信仰】食事

【容姿】見開かれた黒く丸い瞳、伸びっぱなしの黒髪、必要最低限隠れたような服装。常に裸足。
左側の上の歯が1本かけている。細っこい、むしろガリガリなくらいの子供の姿。

【異能】なんでも食べてしまう。生き物であっても、無機物であっても、はたまた概念であっても。本当になんでも食べてしまうため、彼の(あるいは彼女の)通った道には何も残らない。
運営さん(7lczrzek)2020/7/19 21:04 投稿削除
ハオさん:再提出

-問題点-
①【信仰】食事
→用語集「言葉と信仰」、用語集「イモータル」をお読み頂き、再度投稿をお願い致します。信仰欄は任意ですので、なくても構いません。
まりーもさん(7kovu2dr)2020/7/19 21:42 投稿
「ぱくぱくぱくぱく。ぜーんぶぼくが食べちゃうのです!やなことも、たのしいことも、ぜーんぶっ!あはは!」
「あれれ?またおなかがすいちゃったのです。さっきたべたばっかりなのに……なら、なにかたべなくちゃですね!あなた、ぼくのごはんになりませんかーっ!」
「ぼくのものは、ぜーんぶおなかにしまっておくのです。大事なものもおなかにしまえば、だれにも盗られなくてすむのです!ほしいものだって、永遠にぼくのものなのです!とーっても、すばらしーことでしょー?!」

「ああまた、またおなかがすいた、おなかがすいた!たべなくちゃ、たべなくちゃ、たべなくちゃ。おなかがいっぱいになれば、きっとしあわせになれるのです。いやなことも、たべちゃえば、きっと元気になれるのですー!…アハハ、ごはん、みーつけた!」

【名前】ハオ

【享年/性別】不明

【性格】何でもかんでも食べれば済むと思っており、頭は良くないと思われる。
食べること=支配欲になっている節があるが、基本的には特に理由なくなんでも欲しがっているか、見たくないものを排除したいだけである。

【死因】食事が原因の病死

【容姿】見開かれた黒く丸い瞳、伸びっぱなしの黒髪、必要最低限隠れたような服装。常に裸足。
左側の上の歯が1本かけている。細っこい、むしろガリガリなくらいの子供の姿。

【異能】なんでも食べてしまう。生き物であっても、無機物であっても、はたまた概念であっても。本当になんでも食べてしまうため、彼の(あるいは彼女の)通った道には何も残らない。
返信
返信2
しぃずまさん(7jh0uj4l)2020/7/15 21:50 投稿削除
「あのコをまだ人形にできていないの、あのコが欲しい。僕に真名も捧げてくれた、あのコが欲しい。」
【名前】白刃の笑顔(短縮して笑顔とも呼ばれる)
【年齢/性別】47歳/男
【性格】「惚れっぽい」。その一言で済むのであれば、彼はただの女々しい男だったろうに。彼は歪んだ独占欲を持っており、相手を相手以上に独占したいがため、大好きなその人を殺しては自分の言うことを黙って聞いてくれる「人形」にするのが大好きだ。記憶がなくともそれは本能的なもので変わらない。たまにいじくりすぎて壊してしまうこともあるが、基本的に「人形は」大切にする。その容貌や行動や年齢に似合わず、子供のような言動をしていて、また子供のように狂いながら夜の人間界を血に染めて暮らしている。
【死因】大量殺人犯として「オウガ」に殺された。
【容姿】その姿は異様としか言いようがない。細くて長い体に、なにか比重の高いもの…金か銀か辺りだろうか。その霊力が宿った包帯が全身に乱雑に巻かれ、光なく目元には深い深い隈のある、目の端の赤い肉が目立つ黒い瞳の右目と、はっきりとしていてそれでいて陰鬱な、歯が全て見えた、見ていて気持ちの悪い表情のない笑みを浮かべる口だけがしっかりと隙間から見えている。その包帯をほどくと、肉体がどんどん巨大化し、隠された筋肉に多くの傷跡が、異形たる理由…誰かの怨念たち、鱗のような手のひらたちと殻のような白い刃たちが共に顕になる。針金のように固まった白髪がばさりと長く乱雑に伸び、動く度にちりちりと音が鳴る。目はにたりと光のないまま恍惚の表情を隠せず曲がり、気持ち悪い笑みはさらに口角を上げて、狂気を増す。下は機械技師などが使うような、いくつものポケットがあるニッカポッカを着けていて、拾い物。
右腕は肩から切り飛ばされていたが、不死化時に赤い腕がずるりと生えてきた。。その腕は(魔術は食らうが)霊力が干渉しづらいようで、包帯を巻いても細くならないため、右腕と左腕の大きさにはかなりの差がある。真っ赤な塊のような色をしており、とてもおぞましい。
【異能】「あなたじゃない」怨念のような、恋慕のような、あなたを、いやあなたの体を追い求める、幽霊のような、赤く透明で細い腕が何百本も至るところから生まれ出でる。一本一本の力は小さく、本を持ち上げるのがやっとというくらい。しかしだ、その本質は重ねたときに現れる。何百というその小さい腕は、重なりあって腕となり確かな形を象っていく。限界の具体数は数えきれないほどあるが、太い腕2本分が限界。無理をすれば10本分は生み出せるが、使いすぎると体力の限界で2、3日は動けなくなる。
【武器】腰につけてある10本の長剣。ジャグリングのように器用に投げながら使ったり、10本腕で持って振り回したりなど使い方は様々。
それと、ポケットが多いズボンには投げナイフがいくつも入っている。
【備考】お気に入りの青髪ちゃんがいなくなったと嘆いている。その子のきれいなきれいな瞳は、大事に大事に胃液のなくなった胃の中に入れている。たまに吐き出しては、ころりころりと口の中で転がして、ゆっくりつまんでじっくり見るなんてことをするのも、楽しくて心地よくてたまらない。
【噂話】 とある噂話だ。
輝かしい夜町の影が、そう。大量殺人鬼の「白刃の笑顔」が、また現れたっつー話さ。
奴は親の元を離れた少年を、この先輝かしい未来が待っていたはずの若い魔術師を、毎日を人に捧げる売春婦を、酔いどれ千鳥の中年男を、巨体のごろつきを、見境なく大量に切り切り切り切り…彼らの身元は、42年経った今でも全くと言っていいほどわかっていないらしい。
あらゆる言葉で人を混乱に巻き込み、しかしそれでも確かな情報を流す「噂人」が言うには、「殺したあとに誘拐しているのではないか」というのが有力な説だそうだ。
その噂話を聞いたとある探偵が、調査にスラム街を探索してみて、未だに帰ってきていないという話もあるらしいのだから、末恐ろしい。
そいでまぁ、一人だけそこを見て血塗れで生還したやつがいたんだと。
そいつは精神をやっちまって、これ以外、もう何も喋れなくなったそうだ。
「彼の家を見てはいけない。」
しぃずまさん(7jh0uj4l)2020/7/18 09:04 投稿削除
「bye、人間。」「Hello、お人形さん。」
絵:しぃずま
加工:マリアさん
返信
返信1
ゑゐりあんさん(7l5p50v9)2020/7/13 17:50 投稿削除
「嘘が誠で誠が嘘か…。ふふっ。バカバカしいですねぇ。全てが嘘に決まっているというのに」

【名前】リューグナー

【年齢/性別】26歳/男

【性格】嘘を愛し、嘘をつき、嘘で騙し、嘘に生きる男。他人を騙すことを生き甲斐としており、まるで道化師のような雰囲気を醸し出している。
 他人の不幸は蜜の味、己良ければ全て良しを信条とするエゴイストでもあり、己の目的の為ならば手段を選ばず、イモータルを含めたあらゆる存在を利用する。一方で、場を掻き乱すことを好んでおり、特に理由もなしに「面白いから」という理由で行動することもしばしば。
 人の“陰”の部分を暴くことが趣味らしく、わざと相手の嫌がることを言って、陰の人格、つまりは「普段の着飾った性格ではない、本当の性格」を引きずり出すことが大好き。また、自分以外のあらゆる存在を見下しており、常に余裕ぶった態度を取る。だからこそ、自分の思い通りにならない人間は苦手である。
 自称策士だが、イモータルの性質に漏れず戦闘も大好き。戦闘の際はジリジリと相手を嬲り、戦意喪失をした相手にこう尋ねる。

「安心してください。あなたを殺したりはしませんので」

「まぁ、嘘なんですがねぇ」

【死因】自殺

【信仰】無神論者

【容姿】糸目でサラサラとした毛先の黒い白髪。整った顔立ちだが、口を開けば、その舌は長く、まるで始祖霊長類を髣髴とさせる。2枚ある異形の面を覗かせる。また、目を開けば全て真っ黒でであり、瞳も白目が存在していない。
 身長は181cmと長身で、スラッとした立ち姿。全身スーツであるが、そのスーツは真っ白。そしてシャツが黒でネクタイが赤色と異様な見た目をしている。

【異能】影を操る力。いくつかの種類があり、共通の特徴として、この能力で出来た物体に影は出来ない。また、ひとつの能力を使ってる際は別の能力は使えない。

虚影(キョエイ)・影から分身を出す能力。ただし戦闘能力はあまり高くなく、一般人男性なら対応出来る程度の能力。数に限りはないがあまり遠くまでは出向かせることが出来ず、また魔術師や戦闘慣れした人物なら相手にするのは苦でもないため、人海戦術の能力。

翔影(トカゲ)・自分以外の影に潜む能力。また、影が他の影と接触した場合、その影に移ることが可能。

影狼(カゲロウ)・自身の影から触手を出し相手を攻撃する能力。影の触手の打撃耐性は非常に高いが、斬撃耐性は非常に低い為、斬撃武器などで攻撃を受けると簡単に切断されてしまう。また、この能力を使うには集中力が必要になるため、動くことが出来ない。

影攻(エイコウ)・影を硬質化し、武器を作り出す能力。ただし、斬撃武器か打撃武器に限り、銃や弓は作り出せない。お気に入りは大鎌。

針鬼影(シンキエイ)・影の壁を作り出す能力。衝撃を与えるとそこから針を飛ばす性質があるカウンター技。壁の硬度は固く、並大抵の攻撃では破壊されることは無い。

【武器】あらゆるものを平凡に使用出来る。その中で最も好んで使うのが鎌である。

【備考】イモータルという存在に知的好奇心を抱いており、解明しようと考えている節がある。また、何かに縛られることが苦手であり、自由に生きる事を望んでいる。
 また、自分が気に入った相手に対して協力することがしばしばあり、人間相手でも殺さずに生かすことを選択する場合もある。
 また、生前は進化論信奉者だったようで、それが彼が嘘をつくことと密接に関わっているらしい。




「まぁ、ここに書かれてあること自体、“嘘”かもしれませんがねぇ」
返信
返信0
リプカさん(7l24vbue)2020/7/10 23:29 投稿削除
「……気持ち悪い、気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪いキモチワルイ。───男なんて、皆殺しよ。」


【真名】リシリア

【年齢/性別】 2歳(イモータルとして) 身体年齢は18歳前後/女

【出身国】ウェンディア王国


【性格】冷徹で苛烈、特定の者に対して残虐で非道。気に入った人物や物に対しては興味を寄せるが、その寄せ方は基本的に迷惑

【夢・目的】自身を穢し殺した者達全てへの復讐

【死因】
王国にて生を受けた彼女は自分を愛している両親に育まれ、何不自由なく暮らしていた。
彼女が十八の生誕日に、野党が入ってくるまでは…。
母親の血を継いで美しい容姿をしていた彼女の辿った運命は、語るべくもなく。
拷問の様な日々に耐え、満足な食事も与えられず、只々使われる日々。
次第にやせ細っていく彼女の体とは裏腹に、その瞳には底しれぬ力が奥底にこびり着いて居た。
然して、その容姿故に殺されずに居た彼女は、野党のリーダーが一瞬油断した隙をついて、その喉元を隠し持っていたナイフで切り裂いた。
突然の事に対処しきれない他の野党は固まり、少女はその瞳を爛々と輝かせたまま、野党の血を全身に浴びる。
初めての行為に震える少女は、その降り注いだ血を大きく口を開けて飲み、下し、血肉にした。
あまりの事に固まっている男たちを置いて、彼女は遂には自身が殺した男の体へと手を伸ばし、その肉を……
しかし、その時間はあまりに長く
仲間を殺された事実に追い付いた野党は怒り狂い、その激情のままに持っていたメイスを少女の頭に振り下ろした。
画して少女の人生は終わり、そして暗転。そのまま終わるかと思えた彼女の人生は何故かまた幕を開け、それは決して喜ぶべき事ではなかった。
怪物、イモータルとして新しい力を得た彼女は、世界を憎み、そして食欲に飢えた。
只の食物は何故か胃を通さず、彼女が食べられるのは────人間の肉か、血液だけだった。
男は肉を喰らい貪り、女は血を吸う。
少女は、生前の影響か、男に対して極度の憤怒と侮蔑を持っていた。

【容姿】
生前は銀髪で美しい碧眼の持ち主だったが
イモータルに変化してからは緋色の瞳と髪を長く揺蕩わせている。
身長は174、体格は細身
犬歯が異常に発達しており、それは最早牙と呼べる物になっている。
耳が良く見ないと分からない程度に尖っており
ソレ以外は人間とほぼ変わらない。

【地雷】男に対して強い嫌悪感を持ち、視界に入るだけで侮蔑を浮かべる。 触れられなどすれば即座に殺す。躊躇わず刀を振るうだろう

【武器】 帝国に属していた男が持っていた刀を奪ったもの。相当な名刀で、刃こぼれしにくく強靭で切れ味は鋭い。

【特技】 身体能力が高く、女性とは思えない膂力を持ち合わせている。
【異能】
『─血染桜花─』
武器や爪、牙やその他。彼女が相手に与えた傷口は、通常のソレより何倍も出血量が増える。また、戦闘中に相手の血液や肉を食す事で傷の回復が可能。
肉を抉り食したり、血を舐めたりすれば切り傷程度であれば急速に癒えてしまう。

【備考】
基本的に女性に対しては苛烈で冷徹ではあるが何事も思わないし感じない。気に入れば親愛を示すことすらあるかもしれない。
男性に対してのみ極度の嫌悪感を持ち、至極簡単な事でも戦闘になり、殺し、食してしまうだろう。
返信
返信0
6
69さん(7l21lg3o)2020/7/10 21:46 投稿削除
「 俺が正義であり、法律である。俺に逆らわない方が身のためだ。…まあ、あのゴミどもみたいになりたいのなら止めはせんが、な 」
「 違う…俺は間違ってない……だって、だって俺は……嫌だ、だって、ああ、俺は……だめなんだ、俺は裁かなきゃいけない。殺さないと… 」
「 お前は俺のものだろう?ならお前に逆らう者は全て正義に仇なす者だ…心配せずとも、全て葬り去ってやる 」
「 …気が変わった。許してやる。お前は罪人だが…まだ裁くべきではない。善良に生きるがよい 」


【名前】バルドゥール

【年齢/性別】26(享年)/男性

【性格】歪んだ正義を振りかざす男。時に殺すこともある。しかし、彼にとって自分の"正義"は自分のものであり、正しいかどうかの認識すら持ち合わせていない。生前は勘違いされるぐらい不器用でありながらも、根本的なところはいたって善良だった。しかしイモータルと化した今、顔のない悪人を延々と憎み続けている。夢も目標もなく、自分が何者であるのか、そしてなんのために今存在しているのかすらわからず、心の一部として染み付いた憎悪と正義感を振るい続ける。
しかし時折、正気に戻ったように、異常なまでの慈愛を見せる。柔く語る『赦し』は、もしかしたら彼が欲しいものなのかもしれない。

【死因】自殺。首を吊った

【信仰】司法神。純粋な信仰ではなく、自分は正しい、だから他人にどうこう言われる筋合いはない……と自分に暗示をかけるためであった様子。

【容姿】癖のひどい髪は真っ黒で、顎のあたりまで伸ばしたそれは血色の悪い顔を縁取っているようにも見える。瞳は白濁しているが、物はしっかりと見えている様子。爪が鋭く長い。
カソックに似た黒い服の上に、真っ黒な羽根のようなものがふんだんに使われた丈の長いコートを羽織っている。吊られているかのように爪先が浮き、動くたびに揺れる。裸足。身長は173cm。

【異能】『認識されなくなる』力。見えなくなるわけではなく、対象者の「意識の外」に出る。異能使用中は自分の体以外を使った行動はできず、他人に"自らの意思で"触れた瞬間異能は解除される。また、呼吸音は聞こえなくなるものの、匂いまで認識できなくさせることはできない。

【備考】天気がいい日はあまり元気がない様子。雨の日や曇り、時間帯でいけば夜を好む。近くにいると雨の日の匂いがする。それに紛れるように、何かが腐っているような臭いも。また、ひきつった苦しげな呼吸音が聞こえる。
『間違っていると言われること』『触られること』を嫌う。逆に、『正しいと言われること』『畏れられること』を好む。上手く使えば、逃がしてくれるかもしれない。むしろ気に入られれば、あなたに仇なす者を全て排除しようとしてくれる、かも。執着と保護と愛情を混同している。生前もそのような気を持っていた様子。

【噂】
あいつはは天気が悪い日、あとは……暗い夜に人前に出るらしい。んで、「汝は罪人なりや?」と問いかけられたら、絶対に否定しろ。イエス?ダメだ。殺されるらしいぞ。いつの間にかいなくなって…んで首を絞められて…とかな!まあ見た奴なんていねーんだけどな。でも、ノーって言ってもやられるときがあるらしい……皆殺しではないっぽいけどよ…ああでも、「あなたは正しい」とか…なんつーかまあそういうこと言うといいらしいぜ?

……ま、ただの噂だけどな!
返信
返信0
たとさん(7kymmaex)2020/7/8 12:23 投稿削除
「…………こんな私にも夫がいた。…とても愚かな人だった。──────嗚呼、畜生これだからヒトは嫌いなんだ。…まあ今はどうだっていいが。」

【名前】 セシル


【年齢・性別】死んだ歳は31だった/女

【信仰】氷


【容姿】身長170cm。画像参照。彼女は非常に体温が低い。髪はパラリと、一つ一つが透き通るように。それこそまるで、氷細工のような女である。年齢の割に見た目がかなり、若く見える。

【性格】穏やかな笑みと、シルクのような優しい声で、紡がれる言葉は。
─────「人は嫌いだ。」「人は愚かだ。」「近付くものは皆凍らしてしまおうぞ。」
淡い感情は自ら氷漬けにしました。
溶けることのない悠久の氷の中で。
彼女の吐く言葉はいつも冷たい。


【異能力】

彼女はなんでも凍らせる。
燃え上がる感情も想いすらも凍らせる。
それが炎で溶けだすことは無いし、砕けもしない。
溶かすことが出来るのは偽りなき
想いだけである。

【死因】他殺

【夢・目的】愛など無い、人間は利己的な生き物であるという証明をすること

【概要】

──────ただ私は、貴方と生きたかっただけだ。


彼女の後には氷の道。
精巧な氷細工にてなんでもコレクションにしてしまう彼女を、人は。

〝氷の魔女 〟と呼んだ。
返信
返信0
k
Mariaさん(7jh3ycff)2020/7/7 00:47 投稿削除
「――そして二人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ。」「なんと美しい姫君だろう!」「キスで目覚めるお伽話なんて興ざめだと思わないかい?眠っている姿が一番愛おしいのに。」
【名前】白馬 アーサー
【年齢/性別】享年19/女性(生前)
【性格】ロマンチスト。童話に出てくる王子様のような紳士的な振る舞いをするが、基本的に人の話を聞く気はなく、自分のロマンを押し付ける独りよがりな性格をしている。
【死因】自殺
【信仰】ウェンディアのごく一般的な太陽信仰に基づく大地の信仰。大地を駆ける馬の姿が異形として顕れた。
【容姿】下半身が白馬の男性の姿。貴公子じみた服装に、鬣のような金の髪はうなじ、背中、そして馬の身体まで一直線に走っている。
【異能】対象を眠らせる。眠りの深度には5段階あり、深すぎる眠りは最終的に死へといざなうものとなる。
【備考】 ネクロフィリア。
返信
返信0
骨牌さん(7ktnodzh)2020/7/6 23:05 投稿削除
「わたしが護ってあげる、だから安心していいの。貴方はそこから動かないで、ずっとずっとお部屋の中で」「結びつけ、結びつけ、結んでひらいて……ひとつになれ!」

【名前】白い貴婦人 アレックス
【年齢/性別】15歳 / 女
【性格】非常に頑固で自分の妄想に固執する。自分が死んだ時のことは強く意識の中に残っていて、生き返ったことを神の愛として認識している。生前、一方的に結婚する約束をした10代の少年を探し続けているが、イモータルとしての性質ゆえに自分が探している相手のことすら殆ど思い出せず焦燥感に身を焼かれている。
【死因】轢死
【信仰】太陽信仰
【容姿】 遠目からみれば白いドレス姿の女性だが近くによることでその異形に気が付く。ふんわりとした白いヴェールの下には顔がなく、二つに裂けた鮑のようなものが存在するだけだ。大きくラッパ状に広がったひらひらした白いレースの状の袖に似た両手を振るが指というものもない。大きく膨らんだ白いスカートの下から白いひらひらとしたレースのような長い紐状のものが何本も伸びている。
【異能】集合。物体を結合させる能力。土、植物、建物、あらゆるものをひとつにする。
【備考】ウェンディア近辺に現れる彼女を、巷の人たちはその姿から『白い貴婦人』と呼ぶ。彼女は貴方の家の扉をノックして、貴方が出るとあの子に渡して欲しいと言ってバスケットを差し出すだろう。バスケットの中身は空だったり、なにかよく分からない塊が入っていたりするが、それを指摘してはいけない。貴方がそれを受け取れば彼女は大人しくその場を立ち去るだろう。だが、貴方がバスケットを受け取ることを拒絶したり、彼女の容姿やバスケットの中身を指摘したりした場合、彼女は烈火のごとく怒り狂い貴方を貴方の家ごと肉団子のように丸めてしまうだろう。そして、貴方がもしも10代前半の少年だった場合……、彼女は貴方をバスケットの中に閉じ込める。小さく丸めて、貴方が二度とそこから出られないように。そうして、彼女はまた何事もなかったかのように次の家を訪ねるのだ。
返信
返信0